« 禍禍しき外見なれど、心踊りし衣替え | トップページ | 計画とは実行して初めて意味を成すもの也 »

2010年1月25日 (月)

黒き道程一つの終着

◆かつての有名TVCMで“芸能人は歯が命”というフレーズが流行りましたが、何も芸能人ばかりでなく全ての人にとって歯は大切です。見た目の印象はもちろんですが、それ以上に歯の健康というものは身体全体の健康にも深く関わる重要な要素です。少しでも異常を感じることがあったら、放置せずにすぐに歯科医の診察を受けましょう。

・・・という事で、明日は実に中学以来の歯医者行きです orz 先日固いものを噛んだ際に奥歯が欠けて口内を傷つけるようになってしまったのですが、まさかこれ程脆くなっていたとは思っても無かったです。日々の歯磨きは子供の頃よりしっかり行っていたと自負していたのですが・・・ (´д`) 中学のときは部活動中の事故で前歯を折ってしまったものですが、あの時の歯医者での麻酔注射の痛みを思い起こすと、こんな歳でも今から憂鬱感が募るばかりです。歯を削るドリルの無機質な音が今でも苦手でございます ( TДT) 

ではFFです。

◆カンパニエでの最後の追い込みに邁進し
Rol100123172929a 

遂に黒魔道士75に到達です ヽ(´ー`)ノ
Image1_4

ここ数日は大半をカンパニエで過ごしていました。やはり75が近づくと一日も早くという欲が出てきますねw 70に入ってからここまではかなり必死だった気がします。そしてかなり前にナイトで稼いだであろう10メリポがそのまま残っていましたので、古代IIも3つ習得できました。

実に爽快感抜群なエフェクトです。
Rol100125135055a

思い起こせば昨年秋、クポフリートリングを入手したのが黒上げ優先への転機でした。古代でペット一撃狩りという黒魔ならではのLV上げとリングのもたらす経験値UPの恩恵で60まではサクサクと上がり、その後もカンパニエを主体に地道に上げ続けたものでございます。このリングが無ければまだまだカンストは先だったかと思いますから本当に助かりました。
Rol091003034928a

そして忘れられないのが黒魔AFクエ3、Scarsが入れないトライマライにて凡騎士ソロ攻略です。
Rol091002011511a

数度の挑戦で何とか勝てた時は嬉しかったですね (´ー`) このクエのおかげで随分と水路の構造にも慣れましたw

また、各種高額魔法を集め回ったのも懐かしき思い出でございます。
Rol091207162442a

Rol091208003555a

いずれも1~2時間と時間はかかりましたが、普段はなかなか訪れない場所を巡るいい機会でもありました。

◆さて、こうしてカンストした黒魔道士ですが、当然ながら主要スキルは今だ白字、さらに暗黒スキルにおきましては僅か110という悲惨さでございました。カンパニエは時間的な自由が効く分、スキルで遅れるのが厳しいですね。ビシージで上げる事もできますが、そうそう頻発するものでもありません。という事で今回のハッピーパワーで努力の天才が発動したのを機に、集中スキル上げを敢行です。
Rol100122221439a

方法は単純にバイオ連打、時々ブラインです。バイオはリキャストが短いので連打に最適です。またScarsが盾となる為、魔法詠唱を中断される事なく連発できるのもいいですね。もちろんScarsも短剣と射撃のスキル上げで一石二鳥、これで150まではサクサク上がりました。

150を越えて上がり方が鈍化してからは、スキル上げのメッカであるボヤーダ樹に場所を移し、これまた格好の相手であります蟹を捕まえてスキル上げです。蟹はアスピルでMPを吸えますので助かりますw
Rol100123005736a

ボヤーダ樹はアクセスがやや不便な為か人も少なく、テリガンと違い獲物の取り合いはありませんのでじっくりスキル上げができます。こうして移動も含め2時間ほどでスキル200に到達。ここで一旦終了としましたが、スリプル強化の為にも早々にまた出向いてみようと思います。

◆まだメリポアビ取得が残ってはいますものの、とりあえずは目標の75に到達しました。しかしながら、では黒魔道士75には一体何ができるのか?どういう楽しみ方があるのか?となると、明快な考えを持ち合わせていないのが現状です。色んなコンテンツに参加する場合は一撃の大きい黒魔道士は重要な位置づけになるかとも思いますが、私のメイン活動は2アカ放浪でございますので、まずは自分に合った楽しみ方を見出さなければ行けません。

考えること数分・・・









・・・思いつかず orz

D2でScarsをHPに飛ばせますので空FOVにはいいかもしれませんが、これはというものがイマイチ思いつかないですね。参考にとネットで検索してみるも、やはりソロLV上げやソロメリポが圧倒的に多いです。今はジョブの選択肢が拡がったという事で、後々に何か思いつけば良しという事にしましょう。

唯一思いついたのがネタSS撮影・・・お題:マンドラ討論会
Rol100125133506a_2

苦労して取ったスリプガIIを実にくだらない事で活用・・・ (´Д`;)






お題:集団体操・扇の型
Rol100125133805a

・・・さて、次はどのジョブを上げましょうかw





Image2

FF話は本日はここまでです。続きましてはちょっとしたリアル話。FFプレイヤーの皆さんでドライブやツーリングがお好きな方は、宜しければついでに御覧下さいませ。





◆先日、昨年秋以来の帰省をしてきました。我が故郷の岐阜県某市は丁度雪激しい期間となり、町にはこんもりと積もっておりました。まぁ元々娯楽の乏しい町でもありますが、実家のPCでいつものようにFFをしているのも寂しいモノでございますので、雪が解けた頃合を見計らって気分転換にとドライブに行ってきました。

目的地は長野県の“開田高原”です。北アルプスは“御嶽山”の麓に広がる、標高1000mを越える高原地帯でございます。夏場もかなり冷涼な地域だけに、冬場の積雪や寒さはかなり厳しい所でもあります。このエリアは春から秋にかけて何度か訪れた事がありますが、真冬のこの時期は初めてでございます。今回は冬の御嶽山見物と、久々に地元名産の蕎麦を食べるのが主な目的でした。

名古屋から松本へと向かう国道19号線をひた走り、長野県木曽町の国道361号線・木曽街道に入ると開田高原へと続く上り坂になります。そこからさらに走り、“きそふくしまスキー場”を通り過ぎて新地蔵トンネルを抜けると高原に到着です。

抜けた先に拡がる白樺の森。積雪も合わさって一面が白の森です。古い携帯での撮影なので画像はやや不鮮明ですが、実際に見るとすごく美しい風景でした。雲ひとつ無い快晴だったのもラッキーでしたが、もう一日早く来ていたらもっと白銀の世界だったかもしれません。
100124_131636

100124_131700

そしてさらに道を進み、途中、お蕎麦屋さんの“まつば” にて早めの昼食です。長野県の名産品の一つに霧科蕎麦等の信州蕎麦がありますが、ここ開田高原でも多くのお蕎麦屋さんがあります。オススメはもちろんシンプルに笊蕎麦ですが、“すんき蕎麦”という、地元の漬物を利用した独特のすっぱい蕎麦も有名です。寒い冬の季節には暖かい天蕎麦なんかもいいですね (´ー`) 噛むと口いっぱいにひろがる蕎麦の風味が最高です。

そしてさらに道を進むと九蔵峠展望台に到着します。展望台と言いつつも道の路肩にちょっとした小屋を建てた場所でございますので、車を停めるスペースがあまり無いのが難点ですw
100124_121916

そしてここから見えるのが御嶽山。何とも雄大な景色でございます。
100124_121619_2 

画像が不鮮明なのがつくづく残念ですが、この日は好天で麓の“マイアスキー場”までハッキリ見渡す事ができました。また、展望台の足元に広がる森林地帯は野生の熊の生息地でもあるとの事です。
100124_120306

ここで来た道を引き返し、途中に見かけた新規オープンらしきレストランに立ち寄りました。店名を控えておくのを忘れていましたが、小洒落た店内から見える雪景色が素晴らしい、雰囲気の素敵なお店でございました。
100124_124059_2

こちらでは信州蕎麦の揚げ物に地元の高原野菜あんかけ炒めを盛り付けた“揚げ蕎麦”を堪能。太目のベビースターのようでもありましたが、ボリュームも満点で美味しく頂きました。この他にも地元の牛を使った肉料理や各種スイーツなどもあり、景色を眺めながらゆっくり食事を楽しむ事ができました。

この後は県道20号・開田三岳福島線を通り再び国道19号へ戻り帰路に着きました。途中の道の駅で名物のリンゴアイスを食べて帰宅。半日がかりの短い旅でしたが、とても気分のいい日を過ごせました。

冬場は積雪時の対策も必要ですが、春~秋にかけてはとても過ごし易いエリアでもあります。今回御紹介した場所以外にも、温泉やロープウェー、ゴルフ場に景勝地と、一日がかりでも周りきれないほどの行楽スポットがございます。また夏場には特産の開田高原とうもろこしを買い求める事もできます。抜群の糖度を誇るこのとうもろこしは私も毎年楽しみにしております。名古屋から高速利用で約2時間の木曽福島開田高原、この春の行楽シーズンに、ドライブやツーリングの候補地としてみては如何でしょうか (´ー`)

本日はこれにて _(._.)_

|

« 禍禍しき外見なれど、心踊りし衣替え | トップページ | 計画とは実行して初めて意味を成すもの也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 禍禍しき外見なれど、心踊りし衣替え | トップページ | 計画とは実行して初めて意味を成すもの也 »