« 人は見かけで判断できず | トップページ | 既にその名前は使われています (´・ω・`) »

2009年5月 2日 (土)

昔を懐かしむは老け込んだ証・・・ではないと思いたい (;´Д`)

   ・いよいよGW突入です。話題の高速道路千円ポッキリの影響で、高速はおそらく悲惨な事になっているでしょう。新型インフルエンザの影もチラホラという事で、外出するのも一苦労な状況かと思います。楽しい連休ではございますが、どうぞ用心は欠かさずに。

・さてFFです。グスタベルグがサンド支配になった今週・・・

Rol090501155728a_3

私は海蛇に篭り、詩人装備を落とす某NMを狙っておりました。先日、ふと思いついて出向いたのですが

Rol090427095721a

予想外の放置でいきなりの遭遇。とりあえずやってみようと釣りはしたものの・・・

Rol090427100014a

叩けど叩けど一向にHPが減りません・・・ (;゜д゜)? 後で調べてわかったのですが、このNMはオートリジェネの特性もちらしく、私のようなへっぽこナイトの削りではまともにHPを減らせないという事がわかりました。サポ踊ですので負ける事はなさそうでしたが、勝てる見込みもありませんでしたので、ここは諦め呪符で退散。後日より白/忍で篭っておりましたが、今度は逆に全く遭えませんでした (´Д`;)ヾ また日を改めて挑戦したいと思います。

・少し話が逸れますが、こんな気分次第なFF暮らしの合間に私がよく利用するのが、動画投稿サイトのニコニコ動画でございます。誘われ待ちやシャウト待ちはもちろん、素材狩りや合成の息抜きにチラッと見れる気楽さがいいですね。で、そんなニコ動で先日見かけた驚愕の動画が、人呼んで“アナロ熊(アナログマ)” 件の全裸騒動で新たに登場した某地デジマスコットのライバルキャラ的なものを、当然ながら総○省やN○Kとは全く関係ない有志が作り上げたようでございます。頭にアナログアンテナが生えているだけならまだ可愛いものですが、なにぶん熊だけに、鹿を食い殺す過激なシーンも飛び出すわで、総○省とN○K的にはまさに卒倒モノの動画に仕上がっておりましたw

アナログテレビもまだまだ現役!という良くも悪くも印象深いアピールがなされていましたが、確かに地デジ移行には果たしてどれほどのメリットがあるのか、イマイチ理解していないままTVを買い換える人も多いのではないでしょうか。画質がきれいになるとか、双方向のコミュニケーションが可能になるとかあるのでしょうが、今のTVを支える中高年世代の方々には、それらが果たして絶対に必要なものなのか・・・おそらく大半が今のままでも何不自由ないと思っておられるかと推察されます。とはいえ、ハイテク化は時代の流れ・・・これも致し方ないという事でしょうか。完全移行まであと3年、旧世代の鉄道車両の盛大なラスト運行が話題になるように、三種の神器ともてはやされた時代を懐かしみながら、TVも新たな時代を迎える事でしょう。

FFも開始から早7年、常に進化し続けるMMOの必然なのか、昔はこうだったなぁ・・と感慨に耽る場面も多々あったりします。例えば先日のロンフォにて

Image1

軍曹の忍上げ中に(結局rolantと並行して育てる事になりましたw)遭遇した兎NM。まぁ当然ながらドロップは無かったですが、このNMの湧く一帯は、数年前でしたら常に数人の方々が張り込んでいたものでした。護符の今の相場では敢えて狙う事も無いのでしょう。ここも時折LV上げの人が行き交うだけの平穏なエリアになりました。

また、砂丘PTも今や珍しいものになりつつあるかと思います。ヴァラーの普及により、ソロまたは仲間内の少人数でのPTで駆け抜けるLV帯となってしまい、かつてのようにボギーに見つかって阿鼻叫喚や魚のスクリューで一撃死とかも、今は殆ど体験する機会が無くなってきているかと思います。あれはあれで楽しかったんですけどねw

Sca090502064301a_2

ラテーヌの谷底に湧く風エレ、これも昔は風クリ欲しさにPOPポイントを巡回する人々が多くいたものでした (゜Д゜

こんな感じに、昔はこうだったなぁ・・と、忍上げでロンフォ~砂丘を駆け抜けてふと思った次第です。リアルでもヴァナでも、生まれては消え行く数多の流行、その一つ一つを思い出すと、過ぎ去りし懐かしき日々に今一度戻ってみたい・・そんなノスタルジックな気持ちが強く掻き立てられます。とはいえ、時間を巻き戻す事はできません。だからこそ今という時間を、将来振り返った時にとても素晴らしい一時だったと思えるよう、日々楽しく過ごしていければいいですね (´ー`)

・葉っぱ稼ぎで最近よく通うロ・メーヴにて・・・

Rol090430113134a

モンスがぼろぼろ落とす光のインクを捨て続けるのも勿体無いので、満月の時に羊皮紙と合わせ五戦士魔法陣を作成。とはいえ、ミッションはもう少し先の話でしょうw

Image2

ついでにムーンゲートパスも取得。0:00~3:00の短い間でしたので、???探しで少し焦ってしまいましたw ヴァラーで随分と人の増えたロ・メーヴですが、深夜帯だといつもの静けさが戻っていてホッとします ( ̄。 ̄)y-~~

・引き続きまして、恒例のX JAPAN話です

あれ程ショックだったHEATH脱退騒動は一体何だったのか・・・ 事務所とのトラブルを解消し、Xに再加入という形で決着となりました。正直なところ、とてつもない茶番だったという感も否めませんが、まずはHEATHが戻ってきた事に一安心です。もっとも、公にはなっていない難解な事情は当然残されていると思いますが、最後の最後まで完全燃焼で再び駆け抜けていって欲しいところでございます。

そしてもう一つのサプライズ、復活後のこれまでのライブでサポートメンバーとしてXを支えたLUNA SEAのSUGIZOが、この度第6のメンバーとしてXに正式加入です。新たなギタリストは海外のミュージシャンを招くと思っていただけに、いくらHIDEやXと関わりの深いSUGIZOとはいえ、これは正直意外でした。両バンドのファンである自分としては今回の決定は大歓迎なのですが、一方でLUNA SEAというビッグバンドの一員であるSUGIZOがXの一員になるという事実は、LUNA SEAを一番に愛するファンからしたら、心中穏やかではないだろうというのも容易に想像がつきます。この点、SUGIZO自身も大いに悩んだのではないかと思います。どの様な思いで今回の加入を決意したか、今回ばかりは私個人が軽々しく推察する事は憚れます。全力で頑張って欲しいと願うばかりです。

私の受け止め方としては、プロサッカーで言うレンタル移籍に近い感じですが、他のXファンの方々はどの様に受け止めていらっしゃるのか、興味深いところです。そして本日早速、新生X JAPANの狼煙がドームで上げられています。有終の美を飾る為、6人が最後まで走り切るのを、しっかりと見届けたいと思います。

 

|

« 人は見かけで判断できず | トップページ | 既にその名前は使われています (´・ω・`) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人は見かけで判断できず | トップページ | 既にその名前は使われています (´・ω・`) »